Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
みなさん、「ゴッタン」ってご存知ですか?
ゴッタンは南九州に伝わる弦楽器で、木だけでできた三味線のようなもの。板三味線とか箱三味線とも呼ばれています。

実は移住した4年以上前から、いつか三線が弾けるようになりたいと思っていました。しかしなかなかお教室もなく、ただ憧れ続けるのみ。
そんなとき、知人の家にゴッタンがあるのを見て、「なにこれ? 全部木でできているの?」。
昔は家を建てるときに、その端材で大工さんが作ってくれたらしいよと聞いて、そういう風習っていいなあ、私は家を新築することはないかもしれないけれど、ゴッタンが欲しいなあと、憧れるようになりました。

でもネットで調べてもなかなか情報が出てこない…。身近では弾いている人もいないようです。
それに、有名なところのものはちょっとお高くて手もでないし…。と、幾度か探したり諦めたりの繰り返し。
そんなとき、ふと思いついてオークションに出ていないかな、と検索したところから、その検索結果で繋がっていき、販売しているところを見つけました。

宮崎のえびのに工房があるようで、道の駅に売っているとわかり、すぐに出かけて購入。うわーい、うれしーーい!

ゴッタン


しかし…。今度は手に入れたものの、どうやって弾けばいいのかがわかりません。
音程はどうやって取ればいいんだろう。
三線か三味線なら、勘どころという、どこを押さえるとどの音が出るのかという位置がわかるシールを売っていたりするのですが、楽器屋さんに聞いても、ゴッタンのはありませんでした。
このままずっと弾けないのだろうか…。そう思っていたところ、友だちが「自分で音を取っていくしかないね」と。そ、そうなのね。がんばる!

ということで、チューナーを使って三味線の基本の音(本調子)で調律し、音を取っていきました。
簡単に、その位置がわかるようにお花のシールを横に貼っていますが、いずれははがしたいと思います。

さーて、音が取れたら今度は弾く練習。
どうしてもいつか弾きたいと憧れているのが、THE BOOMの「島唄」です。
三線での譜面を探したところ、あったのがこれ。

工工四

工とか中とか尺とか合とか。実はこれが音なんです。
三線の譜面はこの「工工四(くんくんしー)」という、音と弾き方を漢字で表したもので、どれがどこなのかを覚えたら、普通の五線譜の譜面を読んで弾くよりも簡単。
こうして弾きたい曲と照らし合わせて押さえてみると、「次は音が上がるからこのへん」というのがわかるから、覚えやすいです。

とはいっても、まだまだ全然覚えられなくてうまく指が動かせなくてお披露目できるものではありませんが、こつこつ練習していきたいと思います。

洋子

Comment

素敵✨

ゴッタン…初めて聞きました〜
楽譜が難しい…私も昔に少しやってたお琴を弾きたいなぁ〜と思っておりましたが、やはり楽譜と調律が大変ですよね。ゴッタンが弾けるようになったら、どこでもワンマンライブができますね^ ^
いつかどこかでのライブを楽しみにしてますネ

  • 天白 #CQlBvRok - URL
  • 2016/02/16 (Tue) 09:07
お琴!

雅美ちゃん、お琴やってたのね〜。さすが!
いつかバッチリ着物を着て、二人で演奏をしてみんなが舞うとかどうでしょう☆
こつこつ練習します☆

  • 洋子 #nhhP0uUk - URL
  • 2016/02/17 (Wed) 14:59

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。