Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
こんにちは。洋子です。
今日は、大豆麦ごはんを作ってみました。

実はこの大豆も麦もこだわりの品。
以前 仕事でお邪魔させていただいた、宮崎市の清武にある農家さんで作られたものです。

この農家さん、実は元々横浜に住んでいて、震災を機に移住された方。
農家さんであり、デザイナーさんでもあるため、シンプルだけどとてもあたたかくセンスのいいパッケージです。

2016042019381944b.jpg

地元の純粋な種にこだわった、無農薬 無肥料の大豆と麦。
そしてその二つを使って作られた、無添加 天然醸造 無農薬 無化学肥料のお味噌。
お米に混ぜて炊く「ごはん麦」に、やさしい味わいの「むかし麦茶」。
一粒一粒選別した、貴重な大豆。
心をこめて、一人で最初から最後まで作られたものばかりです。

もったいなくて、少しずつ味わっていただいていたところ
(上の写真はお邪魔した当時のものです)
本日、大豆ごはんの作り方を紹介してくださっていたので、
「よし、これを作ろう!」と思い立ちました。

大豆って、何時間も浸水させないといけないと思っていましたが、
この小ぶりの大豆は、そのまま炊いて大丈夫なのだそうです。
よし、大豆ごはん!
…と、お米に混ぜて炊く「ごはん麦」も入れて、大豆麦ごはんにすることに決定。

まず大豆ごはんのレシピ通りに、お酒とお塩と大豆を入れて水を調整。
そこにごはん麦をパラパラと入れて、また水を調整。
そしてスイッチオン! あとは待つだけ。

むふふ、炊きあがりました。
浸水しなくても、大豆もうまく炊けていました。
20160420193819c74.jpg

大豆はあえて少し歯ごたえが残るくらいの仕上がり。こりこりした触感がたまりません。
普通の白米なのに、なぜかもち米のようにつやつやもっちもちで、とてもおいしかったです。

まだ明日の朝の分もあります。きっと冷めてもおいしい予感✰

この農家さんも、とても物語のある方で。
在来の種を巡る話など、感動ものなのです。
また機会をみて、じっくりご紹介したいと思います。
ごちそうさまでした✰

洋子

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。