Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
海亀放流 2016・9・22

こんにちは 桂です☆

地元の お世話になっている方にお誘いを戴き、
昨日、今年最後の 海亀の放流に参加してまいりました。

20160922182851e70.jpeg

放流の前に、近所の小学校の校庭に設置されている 海亀の卵専用の砂場へ。
お母さん海亀が 浜辺に卵を産みつけた状態と同じように、ここに 約50㎝の深さに穴を掘り 卵を埋めて、孵化するのを待ちます。

海亀の卵は 重なっても割れないように 殻が柔らかく、大きさは ちょうど ピンポン球くらい。
そんな 小さな小さな卵から、今回は 90個のうち 63匹が孵化しました。

20160922182852b2f.jpeg

今日 生まれたてのホヤホヤ、
『早く海に行きたいよ!』と言っているように、タライの中で みんな元気に手足を動かしています。

先日の洋子さんの 子亀の放流の記事の中にもあるように、
海に放す前に 持ち方や放し方など、お話を聞きます。

『この亀さんたちは 今は兄弟みんなと一緒だけど、ここで みんなとはお別れです。海に放した時から それぞれがたった一人で 海の向こう、アメリカまで 旅をします。そして、大人になって戻ってくるのは 20年か30年先です。
それも、全部が戻ってくるとは限らず、この中の一匹か 二匹だけです。
だから、海に放す時には みんな元気に志布志に戻ってきてね と思いを込めて放してあげてください』
と お話してくださいました。

今年、この志布志で産卵され 海にかえした海亀の赤ちゃんは、約2000匹だそうです。
20年後か30年後、戻ってくるのは 1000匹中 多くて 3匹、
今年は 2000匹だから 最大で 6匹‥

どうか無事に外海に出て、どうか無事に 海流に乗れますように、
そして 元気に戻ってきて また この志布志の浜辺に 卵を産んでください‥

そんな思いを込め、大人も子供も 海亀の赤ちゃんを そっと砂浜におろします。


20160922182855859.jpeg


波の音に誘われ、砂に足を付けた途端 まっすぐに 海に向かって歩き出す 赤ちゃん、

誕生 おめでとう!
そして、大きくなって 元気に帰ってきてね

いってらっしゃい!




桂 kei☆彡

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。